AI AI人工知能の「知識」時代

探索・推論の時期に、知識や経験の構築で探索コストを削減できて、精度も上げるし、実用性の可能性も出てきた。そのため、知識のデータベースを構築する必要も出てきた。膨大なデータベースがあれば、ある程度の範囲内の問題をコンピューターに質問して、答えが出てくるシステムが開発された。特に会話をシミュレーションするシステム。例えば、**イライザ(ELIZA)**というプログラムは自然な感じで人間と対話を行える。ただ、コンピューターが会話の本当の意味を理解できるわけではなく、パターンに応じて答えを出すだけ。このようなプログラムは**人工無脳**プログラムと呼ばれる。

read more...

AI AI人工知能の「探索・推論」時代

今まで人工知能の発展の歴史から見ると、その技術の実用性、精度を追求する過程だと言えると思う。 汎用性があるコンピューターが開発された後、コンピューターが現実世界の問題をどれほど、どのように解決してくれる研究を進んで、その理論と方法を模索している最初の時期はAI発展の初期頃だ(**探索・推論**の時代)。コンピューターに現実の問題をそのままで投げても答えが出ないので、まずコンピューターが処理できる形にする必要がある。その後、問題の正解を探索してくれるように計算機科学でも使っている**探索木**の構造を採用した。

read more...

AI AI人工知能とは

「Artificical Intelligence」という言葉は「ダートマス会議」(1956年アメリカ)で「ジョン・マッカーシ」が使った名称です。明確な定義はないため、専門家の間にも様々な定義があります。定義は非常に曖昧です。同じシステムに対して、「これは人工知能だ」、「いや、これは人工知能ではない!」という場合はあります。おかしくはありません。

read more...