AI人工知能とは

Table of Contents

Table of Contents

人工知能

Artificical Intelligenceという言葉はダートマス会議(1956年アメリカ)でジョン・マッカーシが使った名称です。

明確な定義はないため、専門家の間にも様々な定義があります。定義は非常に曖昧です。   同じシステムに対して、「これは人工知能だ」、「いや、これは人工知能ではない!」という場合はあります。おかしくはありません。

AI効果
人間の心理的な現象の一つ。AI研究を進んできて、昔にとして新しい機能を見て、これは単なる自動化の仕組みなので、AIとは言えな区なったという人間の心理です。


人工知能のレベルを分類してみる

世の中にあるシステムを人工知能のレベルを分類してみます。
4つのレベルがあります。

Level1: 単純な制御プログラム

扇風機の風量調整、風呂のお湯温度調整、洗濯機の水量調整などはある条件やルールに満たしたら、決められた動きをするのは制御プログラムを組み込んだシステムです。
→ 人間に例えると、言われるものしかやらない人。

Level2: 古典的な人工知能

もっと多いデータを利用して、複雑な動きができるシステムです。例えば、掃除ロボット、将棋プログラム、占いプログラムなど。
→ 人間に例えると、たくさんルールを理解して判断できる人。

Level3: 機械学習を取り入れた人工知能

機械学習(訓練データ、学習データを元に、ルールや知識を自ら学習。)を取り入れたシステム。例えば、検索エンジン、スパムメールの判定。(機械学習は人間のような経験から学習して、自動的に改善する仕組み。機械学習は人工知能の一種とみなされている)
→ 人間に例えると、結果から改善を行える人。

Level4: ディープラーニングを取り入れた人工知能

Level3の学習データには、効果があるもの(特徴量)から学習できることはポイントです。ディープラーニング(多層の人工ニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: deep neural network; DNN)による機械学習手法である)を使って、その目的を達成する。
例えば、顔認識だと目、耳、鼻、口は特徴量になるでしょう。音声認識だと、音波の形、頻率は特徴量。
→ 人間に例えると、結果から重要な要素を自分で見づけて、改善をする人。

ロボットと人工知能の違い
ロボットの研究=人工知能の研究というのはあまり正しくない認識です。
正しいのは、ロボットの脳(知能)の研究は人工知能の研究の一つ(人工知能の全てはない、つまり人工知能の研究はロボットの脳の研究だけではない)。


人工知能の歴史

  • 1946年、アメリカで エニアック(ENIAC) という電算機が開発されて、人間の能力を超える可能性が出てきた。

  • 1956年、世界有名な研究者が参加したダートマス会議を開催された。

  • 1950~1960: 第一回目のAIブーム、探索の時代 。トイ・プロブレム(おもちゃの問題)解けても、現実の問題を解決するのはまだまだということがわかって、急速に冷めた。

  • 1980年代: 第二回目のAIブーム、知識の時代。エキスパートシステムという実用的なシステムが作られましたが、データの蓄積、管理の困難がわかって、冷めた。

  • 2010年〜: 第三回目のAIブーム、機械学習・特徴表現学習の時代。ビックデータも用いて、機械学習が実用化されました。